onpoo recommend
Livehouse recommend
Wild gun crazy recommend
時を染めゆく音 recommend
Salus Beat Press recommend
next recommend
next recommend
ONPOO編集部オススメのインディーズシーンで活躍するバンドをチェック!


2007.05
※アーティスト・曲情報につきましては2007年8月13日現在の情報です。

TheMOB
TheMOB

★公式サイト
PUSH曲【リスキーホテル】
ONPOO recommend
ダークブルーのタイトなストライプスーツに、白のハンカチーフと赤ネクタイが正装のtheMOB。彼らのサウンドは、艶のあるガナるヴォーカルが特徴の、ガレージパンク寄りのスウィングロックとでも言おうか。お子様向けのスカパンクに飽きた人にはぜひ聴いてほしい、超クールな音。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

空中ループ
空中ループ

★公式サイト
PUSH曲【海鳥】
ONPOO recommend
京都在住のサウンドクリエーター松井省悟のソロプロジェクト。バンド経験もある彼が、空中ループでは、ギター、ピアノ、チェロ、電子音、ドラムパーカッション、そして〈うた〉のすべてを一人でやってのける。彼の発する音の宇宙は、どこまでも温かく、キュートで、心地良い。その温もりにしばし身をあずけ、ループする音に身を任せれば、幸せな気持ちに満たされている自分に気付くはずだ。心から大事にしたいと思える、そんな1曲。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

Tr.弾
Tr.弾

★公式サイト
PUSH曲【眠眠打破!】
ONPOO recommend
JUAN(g,vo)、MARU(b,vo)の女性ツインヴォーカルを擁するミクスチャーバンド。本作は、あの清春をプロデューサーに迎えて制作された。CDのブックレットに使用されている写真のすべてを清春自身が撮影したことからも、彼のTr.弾への力の入れようが伝わってくるというものだ。そのTr.弾の代表曲「眠眠打破!」は、じつにパンチの効いた“男っぷり”のいい歌声が聴けるナンバー。まさしく眠気も吹っ飛ぶサウンドだ。派手で華のあるステージも見もの。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉
ページトップへ戻る↑

2007.06
「LIVESTAR's FES on STREET」@TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ特集!!
ONPOOが主催するライヴイベント「LIVESTAR's FES」。その番外編として、「公開ライヴレコーディング」というコンセプトのもと行っているのが、 TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオでのアコースティックライヴ「LIVESTAR's FES on STREET」だ。 これまでに3回を開催、サルーキ=、Morton the On、UNISON SQUARE GARDEN、センチグラム、SPANK PAGE、INSHORT、Sound-Of-Stain.という、 ONPOO.netでおなじみのメンツが出演してくれた。今回の「ONPOO RECOMMEND」は、この「LIVESTAR's FES on STREET」をフィーチャーし、5曲をピックアップしてお届けしよう。

※アーティスト・曲情報につきましては2007年6月30日現在の情報です。

サルーキ=
サルーキ=

★公式サイト
PUSH曲
【犬のうた~I am a doggy~】
犬の唄~I am a doggy~
リリース日2007-03-26
コメント2007年2月11日@TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで行われた、ONPOO主催による公開レコーディング「LIVESTAR's FES on STREET」でのライヴテイク。

他の曲を聴く(全6曲)
ONPOO recommend
いつ、どんな場所ででも、確実に“自分たちの”ライヴを見せつけるプロフェッショナル、サルーキ=。ガラス張りのスタジオの向こうに観客が立ち並ぶという特殊な状況下をも、彼らは逆手にとってしまう。瞬時にして出るアドリブ、場慣れした演奏には唸らされるばかりだ。ジャンルを超えたところで、「サルーキ=のライヴはすごい!」と思わせてしまう彼らの実力を、とくとお聴きください!〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

センチグラム
センチグラム

★公式サイト
PUSH曲「野球少年」
野球少年
リリース日2007-07-03
コメント2007年3月18日@TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで行われた、ONPOO主催による公開レコーディング「LIVESTAR's FES on STREET」でのライヴテイク。

他の曲を聴く(全2曲)
ONPOO recommend
5人で活動していたトランジスターが、3人編成となり、バンド名をセンチグラムに改めて初めて公の場で演奏をしたのがこの日だった。アコースティック形態という通常のフォーマットとは違うものの、「歌」を伝えるという彼らのコンセプトは変わることない。松野の歌の上手さは際立ち、センチグラムの明るい未来を予感させる仕上がりだ。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

SPANK PAGE
SPANK PAGE

★公式サイト
PUSH曲【canvas】
canvas
リリース日2007-07-03
コメント2007年4月30日@TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで行われた、ONPOO主催による公開レコーディング「LIVESTAR's FES on STREET」でのライヴテイク。

他の曲を聴く(全4曲)
ONPOO recommend
ヴォーカル&ギター仲手川とキーボード若林のふたりによるアコースティックセッション。通常のステージは6人で行っているだけに、非常にレアなテイクと言える。仲手川の歌声の美しさはとても尊く、神聖なものだ。ライヴならではのフェイクも、聴きどころ。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

INSHORT
INSHORT

★公式サイト
PUSH曲【smile】
smile
リリース日2007-07-03
コメント2007年4月30日@TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで行われた、ONPOO主催による公開レコーディング「LIVESTAR's FES on STREET」でのライヴテイク。

他の曲を聴く(全8曲)
ONPOO recommend
軽やかなアコースティックサウンドが、INSHORTというバンドのキャラクターにピッタリ、なライヴテイク。宇津木の情熱と切なさをはらんだ歌声は、恋愛のほろ苦さや喜びといった醍醐味を爽やかに伝えてくれる。晴れた日の青く澄み渡った空を眺めながら聴きたい、そんな1曲。〈田上知枝/ONPOO.net編集部)

Sound-Of-Stain.
Sound-Of-Stain.

★公式サイト
PUSH曲【屑星】
屑星
リリース日2007-07-03
コメント2007年4月30日@TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで行われた、ONPOO主催による公開レコーディング「LIVESTAR's FES on STREET」でのライヴテイク。

他の曲を聴く(全6曲)
ONPOO recommend
ライヴではハードなサウンドが特徴の彼らだが、なかなかどうして、アコースティックサウンドもかなりイケてる! 曲の世界観を十二分に伝える細やかなアレンジは、技量が伴っているだけに、安心して聴ける。音源化されていない楽曲という点でも、貴重な1曲。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉
ページトップへ戻る↑

2007.05
※アーティスト・曲情報につきましては2007年5月30日現在の情報です。

ナッツGang.
ナッツGang.

★公式サイト
PUSH曲【Vanilla】
ONPOO recommend
ヴォーカル川島チロルによる、色気のある歌声と、演奏陣の確かな力量が魅力のナッツGang.。一度聴けば、すぐに口ずさめてしまうサビのメロディは、ポップでありながらも、憂いを帯びているのが特徴的。エンディングの落とし方やフックのつけ方など、一曲の中に、さまざまなドラマが映し出される叙情的なナンバーだ。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

INSHORT
INSHORT

★公式サイト
PUSH曲【愛の唄】
ONPOO recommend
聴き手に清涼感を与える、爽快なナンバー。自身のテーマである「愛」をズバリ歌ったこの「愛の唄」が出来たことは彼らの自信にもつながったのであろう、一音一音をとても丁寧に紡いでおり、この歌に対する愛情が伝わってくる。JFN系列「やまだひさしのラジアンリミテッドDX」のリスナー投票企画で、見事1位を獲得したのも納得の、屈指の名曲。
〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

サルーキ=
サルーキ=

★公式サイト
PUSH曲【この街】
この街
リリース日2007-03-26
コメント2007年2月11日@TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで行われた、ONPOO主催による公開レコーディング「LIVESTAR's FES on STREET」でのライヴテイク。
ONPOO recommend
TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオでのライヴテイク。エッジの立ったリズム、息のあったハーモニー、アドリブの効いたMCと、彼らのライヴバンドとしての実力を知らしめるものとなっている。サルーキ=のライヴが素晴らしいのは、ロックが大好きだという気持ちがダイレクトに伝わってくるから。そして、音楽に真剣に向かい合っている彼らの生き様をそこに見るからだろう。何はともあれ、このテイク。「さすがサルーキ=!」と唸らせられる秀逸なものとなっているので、ぜひご試聴を!
〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉
ページトップへ戻る↑

2007.04
※アーティスト・曲情報につきましては2007年4月27日現在の情報です。

Sound-Of-Stain.
Sound-Of-Stain.

★公式サイト
PUSH曲【花-リング-環】
花-リング-環
リリース日2007-03-01
コメントシンプルなアレンジと淡々と語るように歌うヴォーカルに乗せて伝えられるメッセージ。
ONPOO recommend
シンプルな旋律ながら、ドラマティックで大陸的なスケールを感じさせるロッカバラード。淡々と歌いはじめ、サビで昂ぶる柴山陽平(vo,g)の感情は、エンディングで最高潮に達する。その歌声は確実にリスナーの心を捉え、アコースティックギターの切ない響きは胸を打つ。若干20歳とは思えない表現力の高さに、今後の大きな可能性を期待させる。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

the666ers
the666ers

★公式サイト
PUSH曲【冬の空】
冬の空
リリース日2007-03-01
コメントどこまでも漂う悲壮感とハードなサウンドが炸裂するナンバー。
ONPOO recommend
神楽坂DIMENSIONを拠点に活動する、千葉発のガレージロックバンド。どこまでも漂う悲壮感に覚える、ヒリヒリした感触……。聴けば、全身に血がたぎるのを感じるはずだ。耳障りの良い音楽を求める人にはお薦めしない。触れると火傷しそうな、だが、「そうだ、こんな音を聴いて、私はロックが好きになったんだ」と、ロックの初期衝動を思い起こさせてくれる、そんな1曲。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

REALLY NUTS
REALLY NUTS

★公式サイト
PUSH曲【In the distance!】
In the distance!
リリース日2007-03-01
コメント洋楽テイストなアレンジと、特徴あるヴォーカルが心地よい壮快なロックンロール。
ONPOO recommend
渋谷の名門ライヴハウス「La.mama」が誇る、“艶”を身にまとったニューロックスター。彼らの代表曲とも言えるこの曲は、軽快なリズム、口づさめるギターリフ、華を添えるタンバリンが心を躍らせるロックンロールナンバー。SATORU(vo)の伸びのあるグラマラスな歌声も特徴的で、その歌い回しや発声法は、日本を代表するR&Rヴォーカリスト、森重樹一(ZIGGY, DUST N’ BONES)を彷彿させもする。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉
ページトップへ戻る↑

2007.03
※アーティスト・曲情報につきましては2007年3月15日現在の情報です。

SPANK PAGE
SPANK PAGE

★公式サイト
PUSH曲【zero】
zero
リリース日2007-03-01
コメントキラキラと輝くアルペジオと浮遊感のあるヴォーカルに吸い込まれていきそうなナンバー。
ONPOO recommend
「天は人に二物を与えず」というが、仲手川裕介(vo,g)にその言葉はあてはまらない。特徴のある、丸みのある、やわらかな歌声に高いソングライティング能力。彼は、アーティストにとって圧倒的な武器になる、この二つの才能を兼ね備えている。浮遊感のある彼の歌声は、時に無邪気な子供のようで、時に妖しい色気を瞳に宿した青年のようでもある。神秘に彩られた魅力的な一曲。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉


Morton the On
Morton the On

★公式サイト
PUSH曲【射精】
射精
リリース日2007-03-01
コメント独自の世界観を持つ歌詞と巧みなアレンジ、聴く者の胸に爪あとを残す。
ONPOO recommend
汚れ物を舐め回した 君以外の人の グレーからホワイトなんて有り得ない変色で 夢の中で夢を見て生きてくことはないな 「いつも君が傍にいた。」そんな現実に戻りてぇ――大事な人を失くした虚無、心情を、これほどまでにリアルに描ききった曲があるだろうか。竹田(vo,g)の歌声は、私の胸を強く締めつける。そして、卓越したセンスで紡がれる音色の一つ一つは、心をとらえて離さない。〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉


トランジスター
トランジスター

★公式サイト
PUSH曲「ナガレボシ」
ナガレボシ
リリース日2007-03-01
コメント印象的なピアノのイントロから始まるラヴソング。新しい扉を開くその時。
ONPOO recommend
流麗なピアノのイントロが印象的なミディアムバラード。松野龍一(vo,g)の歌声が全身に染み入り、一音一語……ひとつの音にたくさんの言葉を乗せることをしていないから、メッセージがまっすぐ、強く心に刻まれる。隣にいる君を、当たり前に思うことなく、奇跡と感じる。――何気ない日常のワンシーンをこんなにも美しく、素敵なものに描写する松野の才能を高く評価したい。
〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉

ページトップへ戻る↑

バックナンバー
2008
2007