Livehouse recommend
onpoo recommend
Wild gun crazy recommend
時を染めゆく音 recommend
Salus Beat Press recommend
next recommend
next recommend
全国のライヴハウススタッフがオススメするアーティストのライヴ&リリース情報

Special Live Report Love∞limited 2008.3.30@東京・KICHIJOJI SHUFFLE
Love∞limited
 “リザスマ”こと「Reserve your smile」のヴォーカリストとして活躍した和歌山出身の中野隆司と、宮本倫和(b)からなるLove∞limitedは2005年8月に結成。
“No.1∞yokopachi POP!!”(ナンバーワンヨコパチポップ)を提唱する究極のポップバンドだ。昨年3月には活動拠点を大阪から東京に移し、精力的に活動している。
 この日はホームグラウンドでもあるSHUFFLEでの40分ステージ。さらに、ドラマーが脱退するという特別な日でもあった。1曲目はグッドメロディなギターロックナンバー「翼をください」。中野の素直な歌声はとても心地よく、歌詞もすんなりと頭に入ってくる。
Love∞limited
「無敵!!!」はタイトルそのままに、勇気をもらえるようなナンバー。宮本がベースのボディを強く叩き、激しさを見せた。
 楽曲の8割くらいは自分のために書いているが、この曲は頑張っている人に向けて書いたと紹介されたのは「愛の代償」。中野は自身のことを洒落も含めて“天才”と謳っているが、それもうなづけるくらいに、どの曲も極めてポピュラリティに富み、メッセージ性も強く、何かを考えるきっかけを与えてくれる。“歌”の形はさまざまだが、Love∞limitedの楽曲のように、「もう一度頑張ってみよう」と勇気をもらえたり、大事な人のことを想えたりすることは、“歌”の在り方においてとても大事なことのように思う。正面を向いて生きていこうという言葉とともに演奏された「向日葵」で自然発生的に拍手が起こり、メンバーも驚くくらいの大声でレスポンスが返ってくるのも、彼らの本気のメッセージがきちんと観客に届いているからなのだろう。
 「旅人」は、本日をもってLove∞limitedのラストステージになるドラマーに向けて歌われた。とはいえ、しんみりと終わらせず、最後の「君はキレイだ!」で、関西人ならでの笑いをもたらすのも彼らの魅力だと言えるだろう。まさに全力で駆け抜けた40分。なぜ彼らが多くの人から愛されているのか、十分に納得させられたステージだった。 〈取材・撮影:田上知枝〉


東京 KICHIJOJI SHUFFLE

東京 KICHIJOJI SHUFFLE

■SHOP DATA■
東京・KICHIJOJI SHUFFLE
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-10
フジパームビルB1F
TEL.0422-42-2223
キャパシティ:200人
ドリンク代:¥500
ロッカー:無
●オフィシャルサイト


中嶋 優さん
東京・KICHIJOJI SHUFFLE

店長
中嶋 優さん

■お薦めアーティスト
Love∞limited ヒトミリリィ 都竹宏樹

■PROFILE■
 「最初に音楽に興味を持ちだしたのは高校1年の時。友達に誘われてヴィジュアル系バンドを組みました。しかも当時はベースとギターを勘違いして始めて(笑)。そして高校2年の時にライヴハウスのPAに興味を持ち、音響の専門学校に入学しながら埼玉のライヴハウスで3年働き、そこでPA、照明、ブッキングなどをやりながら、フリーPAとしても働きました。その後、都内で働いてみたい、自分のライヴハウスを持ちたいと思い埼玉のライヴハウスを退社し、一ヶ月後に渋谷DESEOにPAとして所属したんですが、1年後に店長になるにはブッキングもできないといけないと言われたんです。でもPAも辞めたくなかったので、ブッキングとPAの両方をやっていました。そして、その1年半後に吉祥寺に「KICHIJOJI SHUFFLE」をオープン。現在も自分の店の他にもフリーPAとしてホール、お祭りなどでも働いています。
 「SHUFFLE(シャッフル)」とは日本語で「混ぜ合わせる」を表わし、ジャンルを問わず、さまざまなアーティストに出演していただきたい、今までにないオシャレなライヴハウスにしたいという願いを込めて「SHUFFLE(シャッフル)」という名前にしました。姉妹店に「SHIBUYA DESEO」「高田馬場CLUB PHASE」「渋谷CLUB 乙-kinoto-」「TaU KITCHEN」があり、4つのライヴハウスの作り上げてきたノウハウをいかして、最高の音響設備(デジタル卓の導入、高音質のスピーカーシステムの導入)、照明設備(ムービング4台、レーザー2台、ミラーボールの導入)、映像設備(巨大スクリーン、ホールモニター2台の導入)、DJシステム完備(ミキサー、ターンテーブル2台、CDJ2台)になっております。ライヴイベントはもちろん、あらゆるホールレンタルイベントにも対応しており、また、駅から徒歩2分と交通の便もよく、安心してお越しいただけます。階段にはギャラリースペースも設け、ライヴ写真を撮影しているアーティストの作品などを展示しています。キャパ200人という小規模の場所なので、ワンマンや2マンなどでよく使われていますね。今後はバンドもお客様もそうですが、人が集まるライヴハウスにしたい。何でもいいから日本一のライヴハウスにしたいですね」

東京 KICHIJOJI SHUFFLEイチ押しアーティスト
Love∞limited

公式サイト
 「まさしくLove∞limitedにしか作れない音楽を出しているバンドです。活動範囲が幅広く、東京、関西でも定期的にライヴを行っています。彼らとはSHIBUYA DESEOの頃からの付き合いで、基本的に飲み仲間です(笑)。ヴォーカルの中野さんとはよくダーツに行ってます」(中嶋さん)

 「SHUFFLEはとにかくキレイなハコ。そして中嶋くんは酒に弱い(笑)。そんな彼には北極ラーメンを食わされ、辛すぎて死にそうでした。
 今回聴いていただく「夏の陽射しがキツくても」は、どこか懐かしく哀愁漂うメロディーと歌詞の曲。圧倒的な存在感のヴォーカルは必聴ですよ!! 胸がキュンとします。そしてもう1曲、「翼をください」はラブリミ久しぶりのロックナンバー。自分の弱さを認めつつも強がる男の気持ちを歌っています。これを聴けば素直になれますよ!」(Love∞limited・中野隆司)


ヒトミリリィ

★公式サイト
泣いたっていいさ

泣いたっていいさ

アーティスト ヒトミリリィ
アルバム 粗品
レーベル 未指定
リリース日 2008-04-11
 「SHIBUYA DESEOで働いていた頃からの付き合いですね。彼らは思ったことを現実に変えてしまうアーティスト。SHIBUYA DESEOにいた時に渋谷音楽祭というイベントを紹介したんです。そうしたら、そのイベントのフラッグアーティストとして出演されていた谷村新司さんと仲良くなったみたいで、CDの帯にコメントを書いてもらったこともある実力派です。路上ライヴも行なっていて、5月には渋谷CLUB QUATTROでの自主イベントも決まっています」(中嶋さん)

 「SHUFFLEはけして大きくはありませんが、お洒落な内装やステージの照明で、ロックバンドにもアコースティックにもばっちり対応できる音響が整っています。スタッフも全員明るく気持ちのいい方が揃っていて、毎回入りの時からすでに楽しみです! 中嶋くんは本当にたくさんの縁を作ってくれた人。あの谷村新司さんとの出会いも彼がきっかけをくれました。今いちばん幸せになってもらいたい人の一人です! 若くていろいろなことにポジティヴに好奇心のある、素敵な(やんちゃな・笑)人です。以前とあるイベントの時にバンド間での意見の衝突があった時に、「いったい誰のためにライヴするんですか!?」と言われ、はっ!と我に返れたことがあって、今もずっとその言葉が残ってますね。
 僕らのイチ押し曲は「泣いたっていいさ」。人生うまく行かないことが多い。泣きたい時は立ち止まって泣いたっていいんじゃないか? と、そういう曲です。ぜひ聴いてみてください!」(ヒトミリリィ・ベリ)


都竹宏樹

★公式サイト
 「彼は、ライヴ、歌、顔のすべてが癒し系で、かなりリラックスさせてくれます。先日SHUFFLEでイベントを行ない、打ち上げも行なったんですが、スクリーンでウイニングイレブン大会をやったことが思い出深いですね(笑)」(中嶋さん)

 「SHUFFLEは店長・スタッフ共に温かく、ノリのいい方ばかりで、店はいつもキレイだし、非常に歌いやすいライヴハウスです。中嶋くんは店長であり、友達であり、ボスであり……でもやはり店長なんですよね。ライヴの打ち上げでウイニングイレブン大会をして、僕が優勝したんですが、中嶋くんが僕に言った「また練習しときます!」は忘れられないです(笑)。
 「声」という曲は、過去に2度、全国をストリートライヴをしながら回ったことがあるんですが、いろいろな場所でたくさんの方と出会い、たくさんの温かさを感じることができました。その貴重な経験・想いを歌った曲です。ぜひ聴いてほしいと思います」(都竹宏樹さん)



ページトップへ戻る↑

※アーティスト・曲情報につきましては4月10日現在の情報です。