SPECIAL LIVE REPORT ユニゾン&バス東西2マン対決“UNIっとbus”~東の陣~@下北沢MOSAiC
●取材:西沢八月  ●撮影:東京神父
 UNISON SQUARE GAREDENとbus stop mouseという、東西のギターロック・バンドがお互いのホームグラウンドにおいて音楽で交じり合う「ユニゾン&バス東西2マン対決 “UNIっとbus”」。 “東の陣”の会場となる下北沢MOSAiCは、あいにくの小雨だというのに、入場するために列ができるほどだった。
 トップバッターは西の代表、bus stop mouse。田村亮太(vo,g)、中野誠悟(vo,g)、澤田淳一(b,cho)、以倉由之(ds,cho)というツインギター・&ヴォーカルが特徴のバンドだ。下北沢というアウェイな環境をものともせずに、小気味よいサウンドと自信に満ちたパフォーマンスでぐいぐいとオーディエンスを彼らの世界へ引き込んでいった。
UNISON SQUARE GARDENの盟友「bus stop mouse」
▲UNISON SQUARE GARDENの盟友、bus stop mouse
Vocal&Guitar 斎藤宏介
 そしてこの東西の陣、東の主役UNISON SQUARE GARDENの登場だ。幻想的な照明の中、一発目に放たれたのは「アナザーワールド」。壮大な世界観をイメージさせるこの曲は、まさに観客を彼らの作る新世界へと誘うようでもあり、また彼ら自身が新しい世界への扉を開けていくといった印象さえ覚える。鈴木と田淵のリズム隊はより安定感を増し、斎藤の歌声はまるで我々に問いかけるかのように流れていく。幻想的な空間に切り込むように鳴り響くギターのカッティングで「ライトフライト」が始まった。以前のレスポールから、アトリエZのストラト・タイプに持ち替えた斎藤のサウンドはシングルコイルの持つ独特の生々しさも手伝って、言葉以上に雄弁に訴えかける。時に暴力的であり、時に刹那的でもあるこの曲は彼らの“動”の部分を代表する作品のひとつである。
 縦横無尽に指板を駆け巡る田淵のフレーズはこの曲に命を吹き込み、音に生きた勢いを与えていった。ステージも進み、斎藤の口から、いかに自分たちがbus stop mouseが好きか、そしてこのイベントができた喜びを語ると、今回初披露となる「月と天秤」が演奏された。
Bass 田淵智也
 bus stop mouseのために作ったというこの曲は、少ない音数と、3人のコーラスで展開され、先ほどまでの“動”の彼らとは違ったセンチメンタルな気持ちにさせられた。
“静”と“動”、ふたつの側面を巧みに使い分けていくUNISON SQUARE GARDEN。時には激しく雄弁にメッセージを、そして時にはリリカルにやさしく語りかけてくる彼らに、無限の可能性を感じることができた。


UNISON SQUARE GARDEN