アルカラ
●取材:西沢八月  ●撮影:田上知枝(ONPOO.net編集部)
●写真デザイン:東京神父


何度もくり返され、構築されるアルカラのサウンド
――今日、初めて生でライヴを観させていただいたのですが、アルカラの音楽というのは、わりと考えて構築されたものなのか、それとも本能的なところから来ているのか、どっちなんだろうって思ったんですよ。

稲村:いきなり難しい質問ですね。

――曲やアレンジはすごく考えて作られていますよね?

稲村:曲を作る時に、最初はノープランで作っていくんですけど、何回も録音しては聴くということをくり返しているんです。つねに冷静に聴くようにしていて。だから本能的というか初期衝動みたいなものはもちろんあるけど、それをジャッジすることにも時間をかけています。でもライヴの時には本能のほうに偏っているかもしれないです。

――じゃあ曲を作る時は、スタジオでアイデアを出して、さあ完成!っていう感じではない?

稲村:作った曲がアレンジやプレイを重ねていくうちに、いい意味で“なんのこっちゃねん”に変わっていくんです。最初に良い曲が出来たとしても、次のスタジオに入る時には、全員が“うーん”って物足りない顔をしているんですよ。出来立ては曲の完成に酔ってしまって、“いいな”って思うけど、冷静に聴いていると、“いまいちだな”って思って……それのくり返しです。だから、僕らは曲が完成するのがすごく遅いです。
田原:けっきょく答えがないんですよ。
下上:演奏していく中で、“これ普通じゃん”って感じたら、もう一回考え直す、みたいなね。
稲村:でも最近は、普通なことも大事にしていかないといけないなって。普通ってことも良いことなのかもしれないなぁって思いもしているんですけどね。

――ギターのアレンジも凝っているというか、一筋縄ではいかない感じですよね? ヴォーカリストである稲村さんの弾くギターもアレンジの中で重要な役割を果たしているし。

稲村:僕のギターは、まったくの素人みたいなものですよ。もともと僕は2年くらい、ギターを持たずに歌うスタイルだったんです。それが、ある時、“ギターを持ったら、みんなにウケるかな”くらいの理由で始めて。でもギターを弾きながら歌えなくて……コードが二つしかない曲なのに!(苦笑) “これは向いていないな”と思いながらも、ずっと持っていて今に至る、みたいな(笑)。昔から口で“ジャンジャカジャンジャーン”って言ってアレンジを伝えるタイプなので、そのツールが口からギターになった感じなんですよ。だから、有名なギタリストのこととか、何にも知らないんです。

インタヴュー風景

意外なルーツ
――そもそもアルカラのルーツ的なものって、どこにあるんですか?

田原:バラバラですね。オレは布袋(寅泰)さん。そこからBOOWYに逆上って。
一同:(笑)。

――アルカラにその田原さんのルーツは見えないように思うけど?(笑)

稲村:いや、2ミリくらい感じさせてくれることはある(笑)。
田原:“あっ! やってもうた!!”みたいな(笑)。

――じつは洋楽がルーツなのかなって思ったりもしたんですけど? たとえばアルカラの曲の中には、レッチリとかレイジ(・アゲインスト・ザ・マシーン)なんかを彷彿させる要素も感じられるし。

稲村:もちろん通ってきてはいますね。
下上:レッチリとかレイジとかはめっちゃ好きなんだけど、でも僕が最終的に行き着くのは、ナンバーガールといった日本のエモ系のバンドなんですよ。
稲村:僕、小学校の時にヴァイオリンをやっていたんですよ。「サスペンス激情」(『20秒前』に収録されているインスト)で弾いていて、むちゃくちゃヘタクソなんですけど(苦笑)。じつは、ロックというものに触れて、最初にバンドをやろうと思ったのは、X JAPANなんです。紅白か何かで彼らを見た時に、すぐに“コレやろう!”って思ったくらいで。それまではバンドやロックというものに本当に無知で、「ヴォーカルって何する人?」っていうほどの知識しかなかったんですよ。ただ、下上とは同級生で、ずっと一緒にいたので、ナンバーガールとか、聴いているものはダブっていますね。

下上貴弘

3rdミニアルバム『20秒前』
――3枚目となるミニアルバム『20秒前』はどんな感じのアルバムにしようと思ったんですか?

稲村:今回は“歌”重視で。ルーツではないけど、昔好きだったポップな面を出そうと思ったんです。でも、曲を決めるのは大変でしたね。「相対」と「涙腺」はレコーディング前から出来上がっていたんですけど。当時、周りから“(アルカラって)なんかマニアックなことをしてたらカッコいいとか思ってんじゃない?”って言われたりして……まぁ神戸周辺の小さなエリアでですけど。それで、“クソーッ! それならポップなものに挑戦してやるぞ”って。でもアルカラでやるとなると難しかったです。

――今回のアルバムの中でいちばん苦労したのは?

田原:「いざよい」です。録る前日まで、何を演奏するかも決まっていなかったんですよ。あと「猫ジェラシー」は最初はアコギを使ってレコーディングするつもりだったんです。でも、アコギが上手く弾けなくて、あきらめてエレキで弾きました。じつはそのために、ART HOUSE(アルカラのホームグラウンド)の西本(昇平)さんに、めちゃめちゃいいアコギを借りたんです。西本さんには“音が上品すぎて勝っちゃうので”って理由で誤魔化したんですけど(笑)。

田原和憲

こだわりの機材
――ギターに関してなんですけど、ワウ(・ペダル/エフェクター)に強いこだわりがあるんじゃないですか?

田原:困ったときはワウです。大好きなエフェクターなんですけど、使いすぎるとイメージが似通っちゃうので気をつけていますね。

――どこのメーカーのものを使っているんですか?

田原:自分で改造したものを使っているんです。ほとんどのエフェクターは自作するか、手を入れています。まぁ、おたくなんです。
稲村:頭にバンダナさえ巻いとったらいける(笑)。

――メインのギターはストラト・タイプですよね?

田原:以前はmomoseというブランドのストラト・タイプを使っていたんですけど(ライヴDVD『密室49分』の中で見られる)、今は神戸のTONE BLUEというお店でモディファイ(パーツなどを交換して手を加えること)してもらったフェンダー・ジャパンのストラトを使っています。めちゃめちゃいい音がするんですよ。
稲村:僕はVANZANDT(ヴァンザント)のテレキャスを使っています。なんかいいギターが欲しいなぁって思っている時に、楽器店で働いている知り合いに、めちゃめちゃいいから買えって言われて買いました(笑)。最初は何がいいかわからなかったんですけど、付き合っているうちに鳴らし方がわかってきましたね
下上:自分もTONE BLUEでモディファイされたフェンダー・ジャパンのジャズベースを使っています。もともとフェンダーUSAのカスタムショップのものを使っていたんですけど、TONE BLUEのモディファイもののほうが自分的には好みだったので。でも、見た目はどっちのベースもサンバーストのジャズベースなんです。渋いのが好きなんですよね。

稲村太佑

激情型ライヴ
――ライヴを見ていると、激情型というか自分たちの内面に向かって突き進んでいる気がしたんですけど、ライヴの時ってどんなことを考えています?

稲村:“がむしゃらに演奏する僕らの姿を見て何かを感じてほしい”みたいなところはありますね。直接的にメッセージを伝えるんじゃなくてね。メッセージとして直球を投げると、すごく嘘っぽくなっちゃうんですよ。それが僕らの課題でもあるんです。伝えるべきことがある時はストレートなことを言ったりもしているつもりなんですけど、ズバズバと人の心の中に入り込んでいける経験値がないので、そこをニュアンスで感じてもらえればって思っています。

――なるほど。では、今後アルカラはどんな方向に進んでいこうと思っていますか?

稲村:カッコ悪い言い方ですけど、できる限りインディーズ……インディペンデントにこだわっていきたいんです。もちろん井の中の蛙的なところもあるでしょうし、生意気に聞こえるかもしれないですが、本来アーティストとしては、インディペンデントという方法がいちばん理想に近いのかなって思っていますね。



編集後記
◎今回の取材は、5月9日@大阪・十三ファンダンゴでのライヴ当日に実施。「リハーサルが終わってから野外で写真撮影→ライヴ取材→ライヴ後にインタヴュー」という行程を組んでいたのですが、新幹線で新大阪に向かう途中にヴォーカル稲村氏に到着時刻をメールすると……「今日の大阪はとても日差しが強いので、気をつけて来てください」との返信が。日頃、上司をはじめ、周囲から冷たい言葉を浴びせられるばかりの私は、「うわぁ~、久々に人から優しい言葉をかけてもらった気がするわ~」と、かなり感動(笑)。新大阪までの残りの時間を暖かい気持ちですごす。

◎待ち合わせ場所のファンダンゴ到着。迎えてくれたメンバーは、柔らかく、優しい雰囲気の人達。ライヴでの近寄りがたい雰囲気とはまるで違うナイスガイぶりに、ちょっと動揺する(笑)。

◎撮影は近隣にある公園からスタートし、ファンダンゴに戻ってくるまでの道中で行ったのですが、メンバーの協調性とサービス精神のおかげで、スムーズに終えることができました。なんだかんだで1時間くらい撮影していたんだけど、もっといろいろなところで撮影してみたかったなぁ。

◎ライヴ本番。オフの時とは打って変わって、初期衝動にあふれる緊迫したステージを見せる4人。思わず、カメラのシャッターを押す手にも力がこもり、全身が熱くなるのを感じる。

◎ライヴ終了後、ファンダンゴ近くのモスバーガーで取材を開始。意外にも、インタヴューを受けるのは初めてという彼ら。インタヴュアーの質問をしっかりと聞いて、きちんと言葉を返そうとするその実直な姿勢は、やっぱりあのステージングからは想像がつかない!(笑)

◎ONPOO.netでは、他のインタヴュー記事では読めない、機材面にも少し触れています。アーティストにとって、もっともこだわりのある「音」を生み出す楽器・音楽機材へのこだわりを理解したうえで、ぜひPooPlayerでバンドの楽曲の音の一つ一つを聴いてみてください! 彼らの伝えんとするメッセージを、より深く感じることができると思いますよ!
〈田上知枝/ONPOO.net編集部〉


スペシャルライヴリポート